あなたのホームページ名

婚約指輪と結納返し

婚約指輪はプロポーズの際や結納の席で、男性が婚約の記念に女性に贈るものです。
やはりダイヤモンドの付いた指輪が人気で、金額の相場は現在30〜40万程度です。
一般的には、この婚約指輪と結納金、結納品を合わせて結納の席で女性側に贈ります。
結納金の額は地域や各家庭によって大きく異なりますが、100万円が一般的です。

男性側からいただいた結納金に対し、女性側から結納返しが贈られます。
結納返しの金額も地域により1割〜半返し程度と幅があります。
平均するといただいた結納金の3割程度になるため、30万前後ということになります。

ハート

 

結納返しは袴料としてお金を贈る場合や、婚約記念品として品物を贈ることもあります。
品物の場合、特に決まりはないため、男性側がほしいものを贈る事が多いようです。
一般的には、腕時計やスーツなど身に着けるものがよく選ばれます。

最近では結納を略式で行ったり、顔合わせの食事会のみで済ませる事も多くなっています。
また、両家の負担を減らすために最初から結納返しを不要として、結納金の額を少なくする場合もあります。

ちなみに結納を行わない場合でも、婚約指輪と婚約記念品の交換だけはするケースが多いようですが、婚約指輪自体をなしにするカップルも少数ですがあります。
また、女性側も指輪をあまり使わない場合にはお互いに欲しいものを交換したり、ペアウォッチを購入する場合や、婚約指輪を購入しない分、結婚指輪にお金をかけるカップルも増えています。