あなたのホームページ名

結婚資金の準備

結婚をするには結納、結婚式、新婚旅行、新居などお金がかかります。
平均的な金額では、結納に100万円、結婚式・披露宴に300万円、新婚旅行に50万円、新居に80万円程度となり、合計500万円以上のお金がかかることになります。

これらの資金はどのようにして準備すればよいのでしょうか。

まずは結婚に備えて、お互いが地道に貯金することが重要です。
結婚した後も安定して生活をしていくためには、日々の生活で貯金する癖をつけておくのが一番です。最近は晩婚化もあり、自分自身の貯金をある程度持っていることも多いようですが、これまであまり貯金してこなかった場合は、結婚式までの準備期間にいくら貯めるかの目標を決めて貯金に励みましょう。

ウエディング

結婚資金として親からの援助があることも多いです。
両方の親から100〜200万円程度の援助がある場合が多く、結婚式・披露宴の費用の一部はそのお金でまかなうことができます。

披露宴を行う場合、ご祝儀をいただけますが、金額が決まっているものではないため、あてにするのは危険です。
ご祝儀がなくてもまかなえる程度のお金を準備しておき、ご祝儀分は今後の生活のために使うことができれば、余裕のある生活ができます。

結婚資金がどうしても足りない場合には、ブライダルローンという選択肢もあります。
しかし、結婚という新しい生活をマイナスの状態から始めることになるため、あまりお勧めはできません。
資金が不足する場合は、その範囲内でやれることで抑えるか、お金を貯めるまで延期することを検討しましょう。