あなたのホームページ名

新生活にいるお金

結婚をして新生活を始めるにあたり、様々な費用がかかります。

まず最初に考えなければならないのは、新居を借りる・購入するためにかかる費用です。
結婚前にどちらかが住んでいる場所に引越しをしたり、実家に同居する場合などはこの費用はかかりませんが、結婚にあたり、新しい住居を構えることがほとんどです。

賃貸マンションを借りる場合は、その敷金・礼金などで20〜30万円程度の初期費用がかかります。
一軒家や分譲マンションを購入する場合は、頭金や諸費用として数百万単位の資金が必要となるでしょう。

住む場所が決まったら、そこで使用する家電、家具などが必要になります。
一人暮らしで使用していたものがあっても、二人になると小さい場合があり、買い替えることが多くなります。
どの程度のものを流用できるかによってかかる金額は大きく異なります。

家電の中で買い替えが多いのは冷蔵庫・洗濯機などで、これは一人暮らしのときとは必要なサイズが異なることが原因のようです。
家電の費用は平均すると20〜30万円程度となっています。

また、ベッド・ダイニングテーブルなどの家具やカーテン・カーペットなどのインテリア用品の購入にもお金がかかります。
家具・インテリア用品の費用の平均は20〜40万円程度です。

そして、新居に引っ越すにあたり、引越し代が必要となります。
あまり荷物が多くなければ引越し業者を頼む必要はありませんが、平均して5〜10万円程度はかかっているようです。

これらを合計すると、65〜100万円以上の資金が必要となります。
新生活に備えてしっかり貯金をしておきましょう。