あなたのホームページ名

結婚後のお金の管理

生活をしていく上では、お金の管理がとても重要になります。
お金の話はしづらいものですが、事前にきちんと話し合っておかないとこじれる原因になります。

まずはどのようにお金を管理するのかを決める必要があります。
共働きの場合、財布を一つにしてそこから家計の費用を出すのか、それぞれ財布は別にして費用を分担するのかを決めます。

また、財布を一つにした場合は、夫と妻のどちらが主になって管理するかも確認しておきましょう。
管理方法は夫婦それぞれですので、正解はありません。
お金の管理の得手、不得手もありますので、双方が納得できる管理方法を選びましょう。

なお、共働きで費用を分担する際は、妻が妊娠・出産したして収入がなくなったり減少した場合の費用分担をどうするかについて、あらかじめ話し合っておいた方が良いでしょう。

家族

どのように管理するかを決めたら、月々の費用がどのくらいになるかを確認しておきましょう。
一人暮らしの経験がない場合は一般的な金額でも良いので、月々にいくら固定費がかかるか、変動費がかかるかを計算します。


それによって、月々の大まかな収支が算出できますので、残りの金額から毎月の貯蓄額やそれぞれの小遣い額を決めます。
貯金は、無理のない金額でも良いので毎月継続して積み立てをすることが重要です。

また、各々の携帯代や昼食代、被服費などは家計から出すかそれぞれの小遣いから出すかなども考え方が違う場合がありますので、事前に話し合っておきましょう。

金銭感覚の違いやお金の管理でのすれ違いは離婚原因にすらなりえます。
結婚前にしっかり話し合いをして、なるべくずれをなくしておきましょう。