あなたのホームページ名

おすすめ貯金法大公開!

貯金の仕方には様々な方法がありますが、会社に財形貯蓄制度がある場合は、それを利用するのがお勧めです。
天引きで貯蓄ができるため、手元に一旦現金が入ることがないため、貯金について意識することなく、いつの間にか貯蓄ができていきます。

会社に財形貯蓄がない場合や、財形と併用して行う貯金方法としては、毎月積立を行う方法があります。
毎月の給与振込がされた直後に、定額を積立口座に振替えるようにしておくと良いでしょう。

こういった貯金の方法を「先取り貯金」と呼びます。
給料の中から一定額を貯金として先に取り置いておき、残ったお金で生活する習慣を作ることで、毎月一定額を安定して貯金することができます。
残ったお金を貯金するよりお金がたまりやすいのが特徴ですが、無理のない金額を設定しておく必要があります。

なお、財形貯蓄を行っていると、住宅を購入する際に財形住宅融資が利用できるなど、選択肢が増えるというメリットもあります。

貯金のための口座としては、ネット銀行などの預金金利が高い銀行を選ぶと良いでしょう。
ボーナス時期には利率の高い定期預金などが販売されることもあります。

また、よく利用するデパートなどが決まっている場合、積立サービスを利用するとかなりお得になります。
基本的には12ヶ月間一定額を積み立てると、そこに1ヶ月分をプラスした商品券などが受け取れるものです。これは年利が約8%にもなるため、どんな預金よりも高い利率となります。
もちろんそのデパートでしか使用はできませんが、継続して利用する場合はかなりお得な方法です。

他にもなるべくクレジットカード払いをしてポイントを貯めたり、財布の小銭をためる小銭貯金など、様々な貯金方法があります。
自分なりのルールを決めて、貯金を実行していきましょう。